BLOG記事

49インチ「ウルトラワイドモニター」のまとめ

みなさんはどんなモニターを使っていますか?

「未だにフルHDだよ、だってモニターなんてそんなに壊れるもんじゃないし」とか「4k使ってるよ、フルHDだと作業するには狭いんだよね」とか色々な声があると思います。

確かに、YouTubeとかNetflixを見るぐらいであればそんなに解像度は必要ないと思うんですが、映像制作やDTMをする人にとっては解像度の高さは重要です。

今僕が使っているのはiMacの27インチ5kなのですがこれがそろそろスペック不足になってきたので、新しいMacを検討しているのです。2015年モデルなのでかなり持ったほうだと思います。

現在(2021年9月)はM1というApple製のCPUを積んだ24インチのiMacが発売されていて、一瞬買おうか迷ったのですが、24インチというサイズが物足りないのとThunderboltやUSBの端子が少ないなどの理由で購入を見送っていました。

それともう一つ、iMacを見送った点としては外部モニターとして使えないというデメリットです。

本当ならWindowsやゲームなんかも同じモニターにまとめたいのですがiMacの仕様上叶いません。

一体型のiMacはスマートでそれはそれで良かったですが、目的のためにはモニターと本体を分けるしかありません。

なので次に目を付けたのはMac miniです。こちらもM1を搭載しているし本体だけなので価格も比較的安いと思います。やはりThunderboltやUSBなどの入力が少ないのがやはりネックですが、まぁこの際仕方ない。

とまぁ色々検討していたところにM1XMac miniが数カ月後に出るとの噂が・・・。

というわけで、Macの新調はもう少し先になりそうです。

ならば、先にモニターの事を考えようではないですか。

というわけで現在購入しようと検討しているウルトラワイドモニターのご紹介です。

ウルトラワイドモニターとは?

ウルトラワイドモニターとは簡単に言ってしまえばとても横にながーーいモニターです。

通常の画面比率は16:9ですがウルトラワイドモニターは32:9ですので横幅が通常の2倍あるということになります。

なので広さ的にはモニターを2台並べた時と同じなわけですが、ウルトラワイドモニターは真ん中の句切れがありません。

つまり正面を向いていられます。これはマルチモニターでは実現できないことです。

今回の製品検討にあたって、絞り込むための条件を以下に提示します。

絞り込み条件

画面サイズ:49インチ

アスペクト比:32:9

解像度:5120×1440

リフレッシュレート:120Hz以上

何故このような条件にしたのかと言いますと、まず32:9のウルトラワイドモニターで1番大きいものが49インチだったのと、iMacのデフォルト解像度が2560×1440であったためです。あとリフレッシュレートを120以上にしたのはいつか買うかもしれないPS5を念頭に入れたからです。

スペックのHDRの項目において、メーカーのサイト上にHDR1000やHDR400といった表記があったものについては同じように記し、「○」とか「Yes」と書かれているものについては「対応」と記しました。

ではまず初めに今一番心惹かれている製品を紹介します。

1番気になってる製品

SAMSUNG / Odyssey G9 C49G95TSSC

価格:約23万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

240Hz

反応速度

1ms

カーブ

1000R

輝度

420cd/m2

コントラスト比

2500:1(Typ)

HDR

HDR1000 & HDR10+

調べた中でスペック的には最高のものです。

リフレッシュレートが240Hzってすごいですね。

PS5のリフレッシュレートが120Hzみたいなのでオーバースペックかもしれません。

リフレッシュレートを240Hz求めるようなゲームは多分しないのでここまでのスペックは不要なのですがカーブが1000Rであることに注目したいです。

かなり没入感があるとの噂です。

以下のサイトに、よりいろんな角度からの写真を見ることができます。

https://watchmono.com/e/samsung-c49g95t-review-check

正直23万ってめちゃくちゃ高いですが、買ったら買ったでかなり満足度が高いのではと思っています。

次からの3つはスペック的にはほぼ一緒で、HDRや輝度に差がある製品たちです。

値段の開きが結構すごいので実はあまり比較にならないかもしれません。

反応速度4ms、カーブ1800R

《3選》

SAMSUNG / C49RG90

価格:約15万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

120Hz

反応速度

4ms

カーブ

1800R

輝度

600cd/m2

コントラスト比

3,000:1(Typ)

HDR

HDR1000

リフレッシュレートが120Hzあるシリーズの中では輝度がかなり高く、価格もスペックを考えたら1番安い。

Sceptre / C505B-QSN168

価格:約21万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

120Hz

反応速度

4ms

カーブ

1800R

輝度

350cd/m²

コントラスト比

3,000:1

HDR

HDR400

僕の勉強不足のため、上の「SAMSUNG / C49RG90」より良い点を見つけられなかった。

ごめんなさい。

Viotek / SUW49DA

価格:31万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

100 – 120Hz

反応速度

4ms

カーブ

1800R

輝度

400cd/m2

コントラスト比

3000:1

HDR

対応

こちらも僕の勉強不足のため、上の「SAMSUNG / C49RG90」より良い点を見つけられなかった。

ごめんなさい。

それにしても価格が30万は高すぎな気がする。

紹介するのは残り3つですが、今回設定した条件には当てはまりません。

といっても悪い製品という訳ではなく、リフレッシュレートが60〜70Hzであることぐらいです。

映画やアニメなんかは24Hz(FPS)で作られているし、60Hz(FPS)以上で撮れるビデオカメラなんて正直見たことないです。

なのでリフレッシュレート120Hzというのを諦めれば買ってもいいかもしれないのですが、価格がスペック相応に安いというわけでもなさそうなので微妙なところです。

絞り込み対象外、反応速度5ms

《3選》

PHILIPS / 499P9H1

価格:約13万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

70Hz

反応速度

5ms

カーブ

1800R

輝度

450cd/m2

コントラスト比

3000:1

HDR

HDR400

PHILIPS / 499P9H1」、「Dell / U4919DW」、「LG / 49WL95C-WE」の中では1番輝度が高い、カーブは中間的な1800R。

Dell / U4919DW

価格:約15万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

60Hz

反応速度

5ms

カーブ

3800R

輝度

350cd/m2

コントラスト比

1000:1

HDR

不明

今回紹介した中では、カーブの径が1番広く3800Rもあってかなりゆったりしている。

LG / 49WL95C-WE

価格:約16万

スペック

画面サイズ

49インチ

アスペクト比

32:9

解像度

5120×1440

リフレッシュレート

48-61Hz

反応速度

5ms

カーブ

不明

輝度

350cd/m2

コントラスト比

1000:1

HDR

HDR10

スペックは「反応速度5ms組」の中ではだいたい同じだが、カーブの経が不明なので「Dell / U4919DW」との区別があまりつけられない。

メーカー商品ページ

https://www.lg.com/jp/monitor/lg-49wl95c-we

総評

以上7つのモニターを紹介しました。

正直いうとモニターに23万なんて馬鹿みたいな値段ですが、「SAMSUNG / Odyssey G9 C49G95T」のスペックを考えると1番物欲を刺激されます。

1000Rというカーブの特徴を捨てさえすれば、断然「SAMSUNG / C49RG90」に軍配が上がります。8万円の差は大きいです。

さてどうしたものか……。