iTunesのAIFFをApple Losslessに変換した話

音楽ファイルの管理は全てiTunes

僕は持っている音楽はすべてiTunesで管理していて、基本的に全てAIFFで取り込んでいます。
なぜならWAVファイルはジャケットやタグ情報を全く保存できず不便だからです。
AIFFなら無圧縮だしジャケットや楽曲情報などを登録できるというメリットがあります。

しかし、AIFFが便利とは言え無圧縮音声はファイルサイズが大きいのです。
そしてサンプリングレートが48kHz96kHzのハイレゾ音源が販売されているような現代では、一曲あたりのファイルサイズはさらに大きくなります。
いくら最近のHDDが数テラバイトになったとはいえ、楽曲総数が万単位になってくると曲だけで1TBを超えてもおかしくありません。

参考までに言っておくと大体25000曲で1TB近かったです。(ファイル形式混在)

なのである日を境にCDを取り込む際はApple Losslessを使用する様になりました。
しかしCDを買えば買うほど曲は増える一方で、やはりHDDは減っていきます。
だから今度は昔取り込んだAIFFApple Losslessに置き換えることを思いつきました。

再変換を嫌っていたのでAIFFとして取り込んだファイルをApple Losslessに再変換すると音が劣化するんじゃないと思い、棚からCDを引っ張り出し、ディスクを一枚一枚取り込み直していました。
取り込むのも時間が掛かるし、ディスク入れ替えもめんどくさい、時には一致しない楽曲情報をCD側にわせて書き換えたりもしました。

CDの楽曲情報とiTunes側の曲名、アルバム名、アーティスト名などが完全に一致しないと置き換えずに新しい楽曲として取り込んでしまうんですね。

最初は頑張っていましたが一日に取り込める枚数は知れています。相手は万単位の曲数です。

そして運命の日、その日は幼馴染が遊びに来ていました。
僕はその幼馴染と喋りながら、CDを取り込み直していました。

「この取り込み直しめっちゃめんどくさいんだよねー」と愚痴をこぼすと幼馴染は「なんかそれ一回でできる方法ないの?」と聞いてきました。

なので「iTunesで一括変換自体はできる、でもそれだと再変換になって劣化するから嫌なんだ」と伝えると
「そんなの一緒だよ別に劣化なんてしないよ」というのです。

そして続けて「仮に、多少劣化したとして全て取り込み直すのに何日かかるの?時間がもったいないよ、その時間で絶対いろんなことできるよ?」となんとも心に刺さる言葉を投げかけてきます。

それでも音にこだわる者として再変換は嫌だと抵抗し続けていると
「じゃあ実験してみようよ、本当にに劣化するのかどうか、何か方法ないの?」と彼は言いました。

しばらく考えた末、DAWに取り込んで位相を反転させ無音になれば無劣化と言えるのではないかと伝えると。
「ファイルサイズも見比べよう、一致したらきっと同じファイルだ、あと最終チェックを自分の耳ですれば間違いない」と言うので彼に乗ることにしました。

条件はこうです。
CDから直接取り込んだAIFFファイル」と「CDから直接取り込んだApple LosslessファイルをAIFFに再変換したファイル」のどちらか片方を位相反転させ無音になるかどうかを調べる。
この時、ファイルサイズが同じかどうかを見る。
その後自分の耳でチェックし同じ音質であることを確かめる。
エンコーダーは全てiTunesのものを使用する。

そうして検証がスタートしました。

検証その1 「位相反転」

まずDAWに二つのAIFF取り込み片方を位相反転させます。
結果は全くの無音でした。

検証その2 「ファイルサイズを比べる」

次にファイルサイズを見比べて見ます。
するとどうでしょうファイルサイズが違っているではありませんか。

CDから直接取り込んだAIFFは「43,829,446 バイト」
CDから直接取り込んだApple Losslessを再変換したAIFFは「43,869,162 バイト」

やっぱり何らかの変化はあるんだと思いました。

またしばらく考え、もしかしたらこれはAIFFの持っているタグ情報の差ではないかと思い、ジャケット情報を消し、曲名やアーティスト名などの情報を同じにしてみました。
しかしこれでもファイルサイズは同じになりませんでした。

またしても行き詰った僕らはしばらく沈黙しました。

ちょっとまてよ?AIFFだからだめなんじゃないか?
WAVファイルにすれば手の届かない所のタグ情報も全てが失われて純粋な音声データになるのでは?

するとどうでしょう、今度は1バイトの狂いなく全く同じサイズになったではありませんか。
二つのWAVファイルは「43,827,212バイト」で検証に使ったどちらのAIFFよりもファイルサイズが減っていました。
タグ情報が全て失われたとすれば当然のことですね。

検証その3 「再度、位相反転」

一応二つのWAVファイルもDAWに取り込んで位相を反転させてみます。

全くの無音です。

検証その4 「自分の耳で確かめる」

最後は、自分の耳です。

一曲ずつ聴いてみます。

全く同じに聞こえます。

結論

今回の検証で無圧縮の音声や可逆圧縮の音声をお互いに再変換しても音質は劣化しないと結論づけました。

こうしてその後複数回に分けて約15000曲のAIFFApple Losslessに変換した所、942GBあったものが728GBまで下がりました。(なんと214GBも空いた!)

さすがに万曲単位の変換ですので数日かかりましたが、もしあのままCDを一枚一枚取り込み直していたらと考えたらゾッとします……。

単純計算で一日10枚程度取り込める計算だと約半年もの時間が浮いたことになります。

もし同じようなことを考えている人がおられましたら迷わず再変換してください。

あなたの大切な時間をCDの取り込み直しで費やすことはありません。

 

もしお気づきの点など有りましたらコメントなどお待ちております。


サウンドハウス

2 Comments

  1. AIFF WAV 変換
    2018年4月8日

    おかげさまであっという間にできました。
    ありがとうございます!

    返信
    1. CLALIKA
      2018年4月8日

      お役に立てて何よりです!

      返信

コメントを残す

Scroll to top
Top