BLOG記事

StudioOneでMSB、LSB、PCを使って音色を切り替える方法

こんにちは、今回はStudioOneのインストゥルメントトラックにて音色切り替えをする方法を紹介したいと思います。

やり方は簡単です。

  • プログラムにチェックを入れる。
  • バンクとプログラムを指定する。

この2つだけです。

しかし困ったことがあります。
普通ハード音源で音色の指定をするといえば、MSB、LSB、PCの3つを指定する必要があります。

では何故StudioOneにはバンクとプログラムの2つしかないのか?
今から解説していきます。

解説

StudioOneのプログラムという機能は、

バンク=MSB&LSB、プログラム=PCであるということを理解する必要があります。

そもそもMSB、LSB、PCってどうなってるの?

ではまず最初にMSBとLSB、PCの説明をしていきたいと思います。

MSB、LSB、PCの3つはそれぞれが0〜127(128種類)の値を持つことが出来ます。


そしてこれら情報3つをあわせて1つの音色を指し示しています。

混乱すると思うので一応説明しておきますが、
MSB、LSBのとれる値は0〜127
PCのとれる値は1〜128とおぼえておいてください。
何故こうなってるのかはわかりません。
何故かこうなってるんです。

床にダンボールが128×128個並べてあると想像してください。
各ダンボールには番号の振られた128個の音色が入っています。
つまり128×128×128=2,097,152個の音色を管理することができるんですね。

ではStudioOneに戻りましょう。

プログラムの構造

バンクとして指定できる最小値は0、プログラムとして指定できる最小値は1です。

バンクを0、プログラムを1にしてから、プログラムの1をクリックしながら上方向に持っていくと数字が増えて行きます。

プログラムが128を超えるとバンクが1増えます。
これはつまりLSBが+1されたということなんです。

さてこれを繰り返していくとバンクが127に到達します。

では次は一体どうなるのでしょうか。
お察しの通りバンクは128になります。
しかし一般的なハード音源側では
MSB1、LSB0ということなんです。

バンクの上限は16383です。
<MSB>128 × <LSB>128 = <バンク>16384(0〜16383)だからです。

ではMSBとLSBからバンクを計算してみましょう。

バンクの計算方法

計算式は簡単です。

「(MSB × 128) + LSB」

です。

では試しに計算してみましょう。

ROLAND INTEGRA-7の音色「0001 Full Grand 1」 を指定したいとします。

本体の表示を見てみると

MSB89、LSB64、PC1とあります。

なので計算式は、(89×128) + 64 =11456となります。

入力する値はバンク11456、プログラム1です。

ではStudioOneに入力してみます。

ちゃんと目的の音色に切り替わったでしょうか?

以上です。

RELATED POST

コメントを残す