BLOG記事

UNIVERSAL AUDIO 1176系 Compressorのまとめ

サウンドハウス

言わずと知れた1176コンプレッサーのオリジナルとされるのは、現在のUNIVERSAL AUDIOが作っているものですね。

今回はオリジナルの1176LNの主な仕様と、それ影響されたと思われる4つの製品を以下にまとめました。

比べてみるとオリジナルの1176LNとは少しずつ仕様が違っています。

これから購入しようと考えている方の参考になれば幸いです。

1176を意識した4製品

KLARK TEKNIK 76-KT

サウンドハウス

機能的にはオリジナルと同じですが、アタックタイムとリリースタイムの範囲が狭いです。
ただしこの中では一番価格がやすいので入門機として手が出しやすいと思います。

価格:★★★★★
再現度:★★☆☆☆
オリジナルの機能:★☆☆☆☆

WARM AUDIO WA76

サウンドハウス

リリースタイムの範囲が100msほど狭いこと以外はオリジナルと同じ仕様と言えそうです。

価格:★★★★☆
再現度:★★★★☆
オリジナルの機能:★☆☆☆☆

WESAUDIO beta76

サウンドハウス

beta76の機能で注目したいのが、ハイパスフィルターとインプットトランスの切り替えが可能という点です。
これはオリジナルの1176LNには搭載されてないのでオリジナルを上回った機能と言えます。
なによりオリジナルより価格が抑えられているのすごいですね。

価格:★★★★★
再現度:★★★★★
オリジナルの機能:★★★★★

Mohog Audio MoFET76

サウンドハウス

こちらにはインプットではなくアウトプットのトランスを切り替える機能が搭載されています。これもオリジナルにはない機能なのでお得感がありますが、オリジナルと比べてリリースタイムの範囲が100msほど狭い仕様になっています。

価格:★★★☆☆
再現度:★★★★☆
オリジナルの機能:★★★★☆

まとめ

さて以上4つ紹介しましたが、購入する上で一つの指針を示したいと思います。

コンプレッサーなので、アタックタイムとリリースタイムが重要になってくるかと思います。1176LNを再現したプラグインはたくさん存在しますが、大抵楽器ごとのプリセットが用意されていると思います。
プリセットによってはアタックタイムやリリースタイムのツマミを振り切って使うこともあります。オリジナル1176LNの最速アタックタイムは20μsです。
これを76-KTでやろうとすると仕様上5μs足りません。
これは質感の問題ではなく物理現象としての違いです。

つまりオリジナルの1176LNのアタックタイムとリリースタイムを両方とも中間付近で使用する場合、機能的には一番低価格である76-KTに置き換え可能と言えます。

なので、この手の機材を初めて購入しようとしている人は、まず76-KTを買い、アタックタイムとリリースタイムを最大値、最小値のセッティングをで試してみて、物足りない時にはワンランク上の物を買うのが良いのではないかと思います。

ちなみにここではノイズの大小や質感は考えていませんので、そこは好みと言うことになります。

製品仕様

メーカー UNIVERSAL AUDIO
品番 1176LN
サウンドハウス

Attack Time

20 – 800 μs

Release Time

50 – 1100ms

Ratio

4:1
8:1
12:1
20:1

Hi Pass Filter

なし

Input Mode

なし

Output Mode

なし

商品リンク

サウンドハウス
メーカー KLARK
TEKNIK
WARM
AUDIO
WESAUDIO Mohog
Audio
品番 76-KT WA76 beta76 MoFET76

Attack
Time

25760 μs 20 – 800 μs 20 – 800 μs 20 – 800 μs

Release
Time

80670 ms 50 – 1000ms 50 – 1100ms 50 – 1000ms
Ratio

4:1
8:1
12:1
20:1

4:1
8:1
12:1
20:1

4:1
8:1
12:1
20:1

4:1
8:1
12:1
20:1

Hi Pass
Filter

なし なし

60Hz
90Hz
150Hz

なし

Input
Mode

なし なし

Vintage
Modern

なし

Output
Mode

なし なし なし

Carnhill
Edcor

商品
リンク

サウンドハウスサウンドハウス サウンドハウスサウンドハウス サウンドハウスサウンドハウス サウンドハウスサウンドハウス