自力でボーカルブースを作っちゃう 〜番外編〜

今回は番外編ということで、スタジオの玄関扉の前に下屋を出す事になりそれを作っていきます。
下屋と言ってもほとんど増築のような感じになる予定ですが始めていきましょう。

ほとんど細かい写真を撮っていなかったので、工程ごとに終了した写真しかありませんが解説していきます。

まずはコンクリートで基礎を作らねばなりません。
これから柱を立てていくことを考えるとギリギリではだめなので、柱が立つ位置よりも一回り大きく作ります。

コンクリートを流し込んだ時にコンクリートが流れて行かないように、木枠を作ります。木枠を作り終えたら続いて砂利を入れます。入れたら砂利を機械を使ってならします。

続いてコンクリートを丈夫にするため鉄筋を入れて、少し浮きあげます。

ここまでくればいよいよ生コンの出番です。

まぁコンクリートを打つのはこれで2回目なので特に驚きはありません。

コンクリートを打つ時の様子はその4で行われたこととほぼ一緒です。
自力でボーカルブースを作っちゃう 〜その4〜 「コンクリート打ち編」 [DIY]

色々あって

はい。骨格が完成しました。

屋根はトタン屋さんに頼みました。(はい、DIYじゃない!)

餅は餅屋です。(本末転倒)

木を切ったり、釘打ったりは自分らでやっているのでおおめに見てください。

壁に使う板ですが、中は針葉樹合板を使いましたが、ここでは野地板というのを使います。なぜかは知りません。でも材料費的には安いです。(それだ!)

野地板を張り終えました。

壁の色は黒です。

おっと、まだ板が貼られていないところがありますね・・・
悲しいかな材料を切らしてしまったんですね。
買いに行っていたホームセンターも売り切れという始末。

(この後、別の店で見つけてちゃんと張りました。)

さて最初に作るのは下屋だと説明しましたが、そもそも何のために作るのか。

答えはそう、喫煙所です。(ちなみに自身は非喫煙者です。)
誰か来客があってもスタジオ内は禁煙なのでそのための措置です。
冬場とか嫌でしょう?タバコを吸うたびに外に締め出されるの。

とは言ってもちっちゃなコンロとかでならバーベキューとかできそうなので、色々と使えそうです。

明り取り用の窓です。

これはホームセンターにセットで売っているものを取り付けただけです。

さてさて、4月から始めた作業も2ヶ月ちょっと掛けてようやく完成です。

まぁまだ中にはすることが山のようにあるので、これからも頑張っていきます。

では今回はここまで

→[その8]へ続く

←[その7]へ戻る

コメントを残す

Scroll to top
Top