自力でボーカルブースを作っちゃう 〜その8〜


長らく放置していました。

この記事だけで8ヶ月とちょっとの開きがありますね。

こうして振り返ってみるとドアを作ってたのがもう遥か昔のようです。

それでは紹介していきます。

ブースのドア制作です。枠を作ってから吸音材を詰めて閉じます。
ドアって一旦取り付けてしまうとスイスイ動くものですが取り付ける前はめちゃくちゃ重いです。一応防音ドアということで作っているので、厚さは9cm弱ぐらいあります。

ドアが取り付けられました。

これはトイレが設置される予定の区画です。

ブース内を換気するための穴です。

通販で買ったリクシルのアパートドアです。高級感があってなかなかいいドアです。

天井を貼るのがおそらく一番大変です。

ようやく、ブースの中が明るくなりました。

タイルカーペットを貼ったらいきなりスタジオっぽくなりましたね。

照明は、2系統用意しました。手前と奥が個別に入り切りできるので、白熱球とLED電球を用途によって使い分けることが可能となりました。

リハーサルは明るくLED、レコーディングは落ち着いて白熱球などといった想定です。

機材等をいくつか入れてみましたが、うまく配置しないと恐ろしく狭くなってしまいそうです。おそらくあとマーシャル系のアンプが入ると思われるので、そこらへんが課題です。

さてこれはもうほぼブースは完成と言っても良さそうですが、ブース外の天井を貼ったり、トイレの部屋を作ったり、水道の流しを設置したり、まだまだやることはありそうです。

なのでまだ続きます。

→[その9]へ続く

←[番外編]へ戻る

コメントを残す

Scroll to top
Top