自力でボーカルブースを作っちゃう 〜その1〜 「解体編1」 [DIY]

ボーカルブースを作るべく、メインルームの横隣に位置する部屋を改装していきます。

進捗状況を写真多めの文章少なめでアップしていきます。

DIYに関して質問等があればコメントにて受け付けますのでお気軽になんでも聞いてください。


以前この部屋は7.5畳の畳部屋でしたが、木造の宿命なのかこの部屋もシロアリの餌食になり、畳は虫食いで靴下を履いてでさえ上を歩きたくないほどそれはそれはひどい状態でした。

畳表面には虫が食い進めていった軌跡が描かれていました(見たくない)。

畳に触れるのを躊躇しつつ、なんとかまくり上げ、一枚一枚窓から放り投げ、軽トラに積み込み、最寄りのゴミ焼却センターに持ち込んで処分しました。


[ 2018年4月29日 ]

畳を取り払うと下は9mmのベニヤ板でした。

メインブースを作った時に24mmの板を使用したことを考えると、「随分薄いなぁー」と感じましたが、どうやらこれが普通のようです。

さてどこからどうやって壊したものか・・・

床を壊すのは人生で二度目ですが慣れているわけでもなく困惑。

結局シロアリで弱くなってる部分に無理やりバールのようなものをねじ込んで少しずつ解体していきました。

ベニヤ板がすべて取り払われました。

相変わらず時代を感じさせる床下です。

柱の長さが足りなくてもお構いなしな感じでとりあえずついでなんとかしてあります。

丸のこをつかって持ちやすいサイズにカットしながら縦の柱を取り除いていきます。

釘はサビているとはいえ、結構しっかりと利いているので簡単には外れません。

叩いたり、バールでこじったりしながら、一つ一つ外していきます(めっちゃ疲れます)。

縦の柱が取り終わったら、続いて横の柱です。

横の柱はとなりの部屋までつながっているので下手なところでは外せません。

とりあえず支えがあるところまでで切り落とします。

さて柱が全て取り払われましたが、柱を下から支えていた重い石がいくつもあります。

これらを窓から放り投げる必要がありますが、残念ながら外は解体した柱の山でスペースがありません。

一度木たちを処分する必要がありますね。

さて二人で行った一日の作業にしてはこんなものでしょうか(笑)

本日はここまで!

→[その2]へ続く


[おまけ]

シロアリに食われた木はこうなります。

さわってみるとわかりますが発泡スチロールみたいにフワッフワで軽くて、

焼いたパイ生地のようにサックサクです!

むしろ「ある程度の大きさのお好み焼きの方が重いわ!」って感じです。

みなさんはシロアリを見つけたらすぐに駆除してください。

コメントを残す

Scroll to top
Top