コード進行の可能性

コード進行って一体いくつパターンがあるのでしょう。

まず音の種類は12種類ありますね。

[C、C#、D、D#、E、F、F#、G、G#、A、A#、B]

次にコードの種類がいくつあるのか調べてみます。

C、C6、C7、CM7、Cadd9、C9

Cm、Cm6、Cm7、CmM7、Cm9

Cdim、Cdim7、Cm7-5、C-5

Caug、Caug7

Csus2、Csus4、C7sus4

今これだけで20種類もあります。(実はまだまだある)

これは基音がCの場合のみを上げていますので12音全てだと

20 ✕ 12 → 240種類もあります。

仮に4小節の音楽を考えるとすると考えられるパターンは

240 ✕ 240 ✕ 240 ✕ 240 → 3,317,760,000

33億1776万パターンになります。

もちろんこの中には

C → C → C → C も含まれますし

Eaug → Eaug → Eaug7 → Eaug みたいな

「使えんの?」って思えるパターンも含まれてはいますがそれにしてもすごい数です。

これが8小節だとするとパターンは1000京ぐらいになります。

兆の上ですよ?もう意味わかりませんね。

そう考えるとまだまだ音楽にはやり残したことがあるのかもしれません。

サウンドハウス

コメントを残す

Scroll to top
Top